通夜までの葬儀の手続き

葬儀の手続きで最もドタバタしてしまうのは、通夜までです。逆にいうと通夜までをしっかりと行う事ができれば葬儀の手続きはほぼ完了したようなものです。故人が急に亡くなった場合には、事前準備が出来にくいと思うので、まずは通夜までの手続きを無駄なくスピーディに行うことが重要になります。

故人の死亡が確認できたら葬儀会社を選択しつつ、遺体の搬送を行います。病院で亡くなった場合には、式まで霊安室に置いておいてもらえると思っている方も多いのですが、一般的な病院の場合には、霊安室に置いておいてもらえるのは一時的にだけで、すぐに搬送しなければいけなくなります。葬儀会社が決まっている場合には、葬儀会社に連絡すればそれらをお任せする事ができます。病院から依頼された葬儀会社に依頼しない場合には、搬送だけ依頼する事もできます。

ここまでが終わってようやく依頼している会社と本格的な打ち合わせになります。通夜と葬儀、告別式など、この段階である程度具体的に決定してしまいます。喪主であったり世話役を決定するのはもちろんの事、斎場をおさえて通夜や葬儀、告別式を執り行う日時や場所も選定します。葬儀自体の内容などもこの時に決めてしまいます。色々なパターンがあるので難しいかも知れませんが、葬儀会社が数パターン用意してくれていて、その中から選ぶのが一般的となっています。また、故人の意向があるような場合には、最初に故人の意向を担当者に伝えておくと、その意向にそった内容を提示してくれます。