葬儀の手続きは死去の仕方で異なります

葬儀の手続きは、故人の死去の状況によって内容が大きく異なります。病院で死亡した場合には、慰安室までスムーズな流れになるのでそれほど心配はいりませんが、病院以外で亡くなる事も十分に考えられます。病院以外で亡くなった場合には、状況によって内容が大きく異なります。

自宅療養している時に亡くなった場合には、かかりつけの医師を呼んで死亡を確認してもらう必要があります。医師が遺体をチェックして療養中の病気が原因という事が判断されれば、死亡届をその場で作成してもらう事ができます。医師が来て死亡を確認してもらうまでは、遺体を移動させたり触れてはいけません。例えばトイレやお風呂などで衣服が乱れているような場合でもそのままの状態にしておかなければいけないという事です。

もし療養中の病気が死亡原因で無かった場合には、警察などが関わる可能性があります。自殺であったり交通事故、さっきまで元気だった方が急に倒れて亡くなった、頭から血を流して倒れているなど、病気が原因でない場合には、医師よりも先に警察に連絡します。死亡原因を明確にするために検視や検案が行われます。これは、遺族の方を疑っているのではなく、事件性があった場合に捜査をして犯人を逮捕しなければいけないからです。外見では死亡原因が分からないような場合には、行政解剖などをして原因を追究します。この解剖が終わるまでは死体検案書を作成してもらえないので、葬儀の準備はできませんが、葬儀会社との打ち合わせなどは行うことができるので、できる範囲で手続きを行っていきましょう。