葬儀の火葬の手続き

葬儀の手続きの中でも重要度が高いと言われている火葬の手続きには色々と面倒な部分があるので、最初に流れを確認するようにしていきます。火葬は告別式の後に行われます。告別式が無事に終わり、お棺の蓋をしめ遺族や近親者、故人と親交の深かった方に抱えられ、棺は霊柩車に入れられます。火葬場に向かう前に、喪主から出棺にあたっての挨拶を行います。挨拶は例文などを調べておいてアレンジをするのがおすすめです。その後、喪主の方が霊柩車の助手席に乗り、それ以外の火葬場に行く方は別に用意してくれた車で火葬場に向かいます。

火葬をする場合には、きちんと火葬許可証がある事が前提になります。この許可証が無ければ火葬を行う事ができません。また埋葬許可書がなければ埋葬することができないので合わせて用意するようにしましょう。火葬する前に最後のお別れをします。これを納めの式というのですが、僧侶の読経の後に参列している方が焼香、合掌、拝礼をします。その後、火葬を行います。火葬にかかる時間は1時間ほどになります。火葬が済んだらお骨拾いを行います。

火葬場などは最初に手続きを行っておけば、そこまで大変な内容ではありません。いち参列者といった立場で臨むので、事前の準備さえしっかりと行っておけば、後は業者の方が対応してくれます。告別式などのミーティングの際にある程度決める事ができるので、しっかりと準備をしてください。特に葬儀に必ず必要な火葬許可証や埋葬許可証は早目に用意する事をおすすめします。