遺族が行う葬儀の手続き

葬儀の手続きと届出関係

葬儀の手続きと届出関係 いつもは参列する側だった方も、いつ喪主になるのかは誰にも分かりません。喪主になった場合には、色々な事を同時に進行していかなければいけなくなるので、心の余裕がなくなります。もちろん肉体的な余裕も全然なくなってしまうので、そういった状況になった時に初めて慌てるのではなく、葬儀の手続きなどはどのようなものがあるのかをしっかりと理解しておく必要があります。

葬儀関係と合わせてチェックしたいのが届け出関係の手続きです。最初に用意しなければいけないのが死亡診断書と死体検案書の手配です。病院で亡くなった場合には、臨終に立ち会った医師が死亡診断書を作成してくれます。自宅で亡くなった場合には、医師が死体検案書を作成してくれます。交通事故の場合には、警察の監察医が死体検案書を作成してくれます。次に行うのが死亡届と火葬許可申請書の提出する事です。死亡診断書関連の書類が揃ったら、その書類を基に死亡届と火葬許可申請書を作成し提出します。提出するタイミングも提出する場所も同じなので一緒に提出する事になります。印鑑を持参して書類を作成し、提出してください。こちらの死亡届と火葬許可申請書の提出は、親族の方や同居者、家主、地主、後見人の方でも行なえるので、自分が手一杯の場合にはお願いするのもおすすめです。

また亡くなった方が世帯主の場合には、世帯主の変更をするために変更届を用意します。世帯に15歳以上の人が複数人いる場合には14日以内に用意し提出する必要があります。免許書などの身分証と印鑑、代理人が提出する場合には委任状などを持参して故人が籍をおいていた市区町村役場に提出しましょう。また、故人の健康保険の資格喪失届と健康保険証の返還を行います。亡くなった方が会社に勤めていた場合には、健康保険、厚生年金保険被保険者資格喪失届を年金事務所に提出します。会社では死亡による退職手続と同時に行ってくれるので、会社に健康保険証を提出すれば大丈夫です。

これらが、家族が亡くなった時に行う必要のある手続きの一部になります。他にも年金受給停止や未支給年金請求の手続きや遺族年金の請求などを行います。葬儀の手続きはとてもバタバタしている状況で行う事になるので、正確に理解しておくようにしましょう。こちらのページでは、いざ遺族になってしまった時でもパニックにならずに葬儀の手続きができるように、重要な葬儀の手続きについてまとめました。

お知らせ

  • [2018年07月09日]
    ホームページを更新しました。

  • [2018年07月09日]
    運営者情報を追加しました。